共通点

女性

キャバクラとホストの共通点は、指名があること、お酒が飲めること、異性からの接待が受けられることの3つです。

ガールズバーには、あまり指名という概念がありません。指名というのは接待してほしい人を、指名料を払って指定する行為です。ガールズバーはバーの一種なので、キャバクラほど指名があるわけではありません。
そのため、ある意味ではガールズバーやホストよりも、現実に近い感覚で飲むことができるのです。

キャバクラとホストでは、顧客から指名を取るために疑似恋愛のトークが行われることがあります。疑似恋愛というのは、まるで恋人のように振る舞ったり、あたかも自分に好意を持っているかのように振る舞うことです。
そして、キャバクラとホストではお酒を飲むことができます。お酒は自分だけ飲むこともできますが、気に入った人に飲ませてあげることもできます。
このように、キャバクラとホストには様々な共通点があるのです。

対面

女性

キャバクラとガールズバーに共通しているのは、女性が男性に対して接客を行うというところです。
ただし、キャバクラとガールズバーには接客のしかたに違いがあります。その違いは、訪れた男性の隣に座るか、対面で話すかという部分にも表れています。

キャバクラでは、マンツーマンの接客を行います。そのため、女性の数が足りない時以で、男性の横に女性がつかないということはありません。つまり、男性1人につき、1人の女性が接待のためにつくことになります。
そして、ガールズバーでは基本的にカウンターからの接客となります。一部ではカウンターから出てきて接客を行っている店舗もあるようですが、一般的には普通のバーと同じように対面での接客となります。
ただし、一般的なバーと比べると、女性バーテンダーが積極的に接客をしてくれます。また、ガールズバーのバーテンダーは、ビキニやバニーなど露出が多い衣装を着ていることがあります。

これに対し、女性が男性から接待を受けたい時に活用するのはホストとなっています。

客層

女性

キャバクラは、女性よりも男性の方が多く訪れます。
そして、ホストは男性よりも女性の方が多く訪れます。
その理由は異性からの接待を求めているという点に尽きます。ただ、キャバクラに女性客が来たり、ホストに男性客が来たりするケースもまれにあります。そのため、それぞれの店舗で女性や男性の入店が禁止されているわけではありません。しかし、店に期待できる接待の内容から、自然と訪れる人の性別がどちらかに偏っているだけなのです。

そして、ガールズバーはバーなので、女性客も入店することができます。ただし、その場合は男性客よりも価格が安く設定されていることがわりと多いです。

接客

ガールズ

接待を受ける時に、つかず離れずの接客をしてほしい人と、つきっきりで接客をしてほしい人がいます。
これを飲み屋に当てはめると、つかず離れずの接客が行われているのはガールズバーです。ガールズバーは1グループに対して1人の女性が接客することもあります。また、キャバクラのように横に座って接客することもありませんので、ここではつかず離れずの接客が期待できるのです。

そして、つきっきりで接客をしてほしい時はキャバクラやホストが向いています。なぜなら、キャバクラやホストでは指名という制度があるからです。
指名をすれば、好みの異性にずっと隣について接客をしてもらうことができます。ただし、他にも指名客がいた場合などは、指名が入っている卓を往復することになります。
そのため、人気のある人ほど、指名をしてもずっと隣についていてもらえるとは限りません。ただ、指名をしなければ永遠についてもらえない可能性もあります。そのため、指名料を払ってでも指名をして接客してほしい人を指定する人がいるのです。